【料理長のこだわり】

料理に使う素材は、水からお肉まで、全てが地元の素材を使用。
料理長自身が仕入れの段階からこだわった、絶品の食材を用意しています。

また、調理のこだわりとして、「揚げすぎず、焼きすぎず」の絶妙な具合を表現。
注文が入ってから調理を始めるので、一番おいしい状態で食事を頂くことができます。

鹿児島産の黒豚は、筋繊維が細く肉質がしまっているため、歯切れがよく、臭みのないさっぱりとした食感が特徴。 ほんのりとした甘みもあり、お口の中でとろける感覚が、絶品であることを表現しています。

黒牛、黒豚に次ぐ3番目の黒を背負う特産品。
脂肪分が少なくとてもヘルシーで、筋繊維が細かく柔らかな肉質ですが、適度な歯ごたえがあります。独特の旨味と風味が特徴です。

和膳です。湯豆腐等を盛り込んだ、朝に優しい食事です。

黒豚、薩摩鶏を使用したから揚げ定食や生姜焼き定食等をご用意。
全品一律¥1,080でお召し上がり頂けます。

鹿児島宮山荘:伝統的なメニューが楽しめる

有名な温泉でリラックスした後は、九州の名物料理をお楽しみください。 料理長が腕を振るう、季節ごとの郷土料理や料理など、素晴らしい料理が楽しめる、素晴らしい旅館。

日本の精神と伝統に深く根ざした、ユニークな礼儀の 1 つを体験してください。 鹿児島宮山荘は、スタッフの素晴らしさに誇りを持っています。

到着後は、伝統的な日本の服装を身に着けている従業員が、心のこもった歓迎を受けます。 ご滞在中は、以下のようなタスクをサポートいたします。

  • ご到着時に手荷物をお預かりします。
  • 部屋に案内して、すべてが整っていることを確認します。
  • 世界クラスのお食事をお楽しみいただけます。
  • 笑顔でリクエストに対応します。

料理長の料理と情熱を、鹿児島宮山荘でお楽しみください

「インのシェフとして、伝統の真正性を忘れずに、常に料理の研究に取り組んでいます。 ゲストに喜びや驚きをもたらす機会があるたびに、新しいメニューを計画するのが好きです。

私は自分自身に挑戦するのも好きだ。 最近の料理作りの目標は、野菜をもっとたくさん使うことです。 これは、肉や魚と一緒にヘルシーな料理をお楽しみいただけるようになっています。 街の人々が新鮮でおいしいものを試してみたいと感じているので、滞在中にリフレッシュしてくれると思います。 みんなのために料理をするのを楽しみにしています」

鹿児島宮山荘の料理長瀬戸正明氏

シェフの正明が、九州で最高の料理を提供することを目的に、この島の文化を根ざしたユニークな食事体験をゲストに提供しています。

シェフの正明が企画したメニューで、本格的な日本料理の芸術と文化をお楽しみください。 鹿児島県の最高級の食材を使った、風味豊かで豊かな料理をお楽しみください。 また、この地域でしか味わえないスペシャル料理や季節の料理を味わうこともできます。

国立公園では、バスと満席の朝食をお楽しみいただいた後に、お楽しみいただけるディナーコースをご用意しております。 いつでも、食糧を発注する、それらが新しく、熱い提供されることを確かめることができる !

鹿児島宮島の懐石料理

「 Kaiseki 」(「 The Kaiseki 」)は、伝統的な多コースの日本料理のディナーで、料理の味、質感、見た目、色がバランスよく組み合わされています。 鹿児島宮山荘では、季節ごとに日本の歴史的なオートテ料理をお楽しみいただけます。

日本料理の 4 つの伝統をベースにした懐石料理をお楽しみいただけます。

  • 宮廷料理(有料理) – 平安時代の 9 世紀からのもの。美しい装飾が施され、本物の葉や花が飾られた料理が自慢
  • 仏教料理(単位:百日) – 鎌倉時代の 12 世紀から より拘束された配置のセットがあります
  • 武家武士のお料理(日本料理) – 室町時代の 14 世紀から 自然の植物や動物をまねるための華麗なアンサンブルを備えています
  • 茶道料理( 10 月 1 日) – 室町時代の東山時代の 15 世紀からのもので、フォーマルなお茶の前でお茶を出しています

懐石料理の基本的な構造は以下の通り。

  • 早季助 ( セーキ . ズー ) – 前菜
  • Hassun (ハサン) – 季節に応じて懐石料理のテーマを設定する第 2 料理。 通常は、いくつかの小さなサイドディッシュを含む寿司です
  • 行助(クム・ツェク) – 季節の魚の刺身の一部
  • 滝沢瀬 ( アーセイン ) – 植物性の煮込み皿 ; 肉、魚、豆腐などの料理が人気
  • Futa mo no( ズープ ) – スープである「リードディッシュ」を指します
  • 焼き付きのないもの(焼き菓子) – 陶器、陶器、中国で出される料理。 魚などの一般的なグリル料理
  • su zakana (アペタイザー) – 食欲をそそる前菜や、味を浄化する小さな料理。酢の野菜にもなります
  • ひやしばち ( 季節料理 ) 軽くて調理された野菜料理で、料理の前に冷やしておくこともできます
  • 中朝香子(中日用) – 口蓋をきれいにするもう 1 つの料理。一般的に、明るい酸性スープが出されます
  • 塩座カナ(塩田) – メニューのメインディッシュと考えられる豊かな料理。 ここでは、ホットポットが最も一般的な料理です
  • GOHAN (メニュー) – 季節の食材と米を組み合わせた料理
  • ●季節に野菜を漬ける
  • 「 Tome Wan 」 ( ホテル ) – 味噌汁や野菜スープ。米でよく出されます
  • ミズモノー ( 前菜 )- デザート ; 一般にあなたが地域でだけ見つけることができるフルーツおよび / または confection がある ; またアイスクリームまたはケーキであるかもしれない

お食事をお楽しみいただくために、お好きなドリンクをご注文いただくこともできます。 紅茶やアルコール類も豊富に取り揃えている。 フレンドリーなスタッフが、食事コースに最適なスタッフをサポートしてくれる。

朝に懐石料理を味わいたい方には、特別な懐石料理の弁当も用意されている。 弁当の箱に入れて、ディナーセットの要素を少しでも楽しめる。

鹿児島宮山荘では、その他の料理や特別メニューも用意されている

九州でしか味わうことのできない伝統的な日本料理を幅広くお楽しみください。 当ホテルのユニークな料理をご確認ください。

  • 日本のブラックビーフ(アウタ・ワギ) – ウギウプロとして知られる 4 種の日本産の牛のうちの 1 つから、栄養たっぷりの風味豊かな肉を選択できます。 この明瞭なビーフにそれに適度に chewy 質を与える低い脂肪質の内容および柔らかい筋肉繊維がある。 ステーキやすき焼きなど、さまざまな料理が楽しめる。
  • 日本の黒豚(’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’’ ピンクのハド肉と、重く大理石の肉は、ジューシー、風味、圧痛で有名です。 やや甘い味と軽い質感があり、口の中でほとんど溶けます。
  • 黒い Satsuma.ei ( 「 tensthtthttenseadori 」 ) – ローカル自由範囲 Satsumadori および Ohhan Plymouth の石の鶏の交差品種。 それは弾力性のある質のより少ない湿気の内容、粗く脂肪、高レベルの inosinic 酸および良い筋肉繊維のための独特な好みを有する。 刺身の形での滞在が最高。

家の馴染みのある味がしたいですか。 ここではワゼン料理も楽しめる。 ワゼンは、地元の人々や観光客に愛される伝統的な日本料理を指します。 注文できるワゼン料理の一部を以下に示します。

  • ライスボウル – 蒸した米の上に、タンパク質を入れたお皿をご用意しています。 また、ゆずドレッシングと味噌汁を添えた小さなグリーンサラダもあります。
    • teriyaki- 和牛、豚肉、鶏肉、サーモン、豆腐、野菜
    • 天ぷら – エビ、魚、野菜
    • カラゲポークまたはチキン
    • Katsu-Pork または鶏
  • 弁当 – お好みのタンパク質を蒸しライス、ゆずドレッシングを添えた小さなグリーンサラダに添えて、 味噌汁とお勧めのサイド
    • teriyaki- 和牛、豚肉、鶏肉、サーモン、豆腐、野菜
    • 天ぷら – エビ、魚、野菜
    • カラゲポークまたはチキン
    • Katsu-Pork または鶏
  • 寿司ロール – 一般にスペインの mackerel 、マグロ、甘いエビ、塩水のうなぎ、円形の固まり、イカ、サーモンの卵、サルデーンからなされる、 カニ肉など
    • ニギリ―トッピング、通常は魚、 寿司ライスの上でお召し上がりいただけます
    • 刺身 – 魚または貝類は単独で提供される
    • 牧 – 米と海藻で包んだ中
    • 裏にはうらまきライスが、中には海草が巻き付いている
    • 「 Temaki 」 – 円錐形に手で巻いた寿司
  • うどん – 小麦粉から作る肉麺にスープ / ストック(味噌汁、魚、牛肉など)を添えて
    • プレーンヌードル
    • 天ぷら野菜付き
    • 天ぷらエビ( 2 点) & 野菜
    • カラエーゲチキン( 4 個入り)付き

鹿児島宮山荘 : 今すぐ食事を計画しましょう !

鹿児島宮山荘での滞在を満喫してください! ここで予約するときは、食事のプランを立てましょう。 食事は全て庭園で用意される。 ルームサービスは、ご予約時にご利用いただけます。追加料金が必要です。

最大 10% から 45% を救うことができるように特別な割引計画のための眺望にありなさい。 2 泊していただくと、家でディナーをお召し上がりいただけます。

お問い合わせは、電子メール( talk@kagoshima-miyamasou.com )または電話( 0995 57 0217 )でお問い合わせください。 この宿は、鹿児島県霧島市田口 2608 番地にあります。 それでは、ま